読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

croccel’s blog

駄文ばかりです

御在所岳登山

兼ねてより企画していた御在所岳登山に行ってきた。

9時前に無料駐車場に着いたんだけど、既に多くの登山者の車でいっぱいで何とか停められた感じ。

そこで一緒に登る友人2人を待って10時から登山を開始した。

f:id:croccel:20151129211509j:plain

中登山道入り口。

入山届は友人がネットで出してくれていたので、そのまま入山した。

最初は木々が生い茂る土の道だったけど、しばらく登ると花崗岩剥き出しの険しい道に変わったが、その変わり素晴らしい展望の道となった。

f:id:croccel:20151129211614j:plain

ロープウェイの下を通る。

f:id:croccel:20151129211626j:plain

この様な大きい岩があちらこちらに鎮座している。

岩の前で写真を撮る方が多い。

f:id:croccel:20151129212853j:plain

左側に人一人が通れる隙間があったので通ってみたが、デブには少々厳しい。

「負ばれ岩」というらしい。

f:id:croccel:20151129211638j:plain

巨大な一枚の岩に乗る友人。

「これ登れるで!」と言ってはいたものの、傍から見てると危なっかしくて仕様がないw

f:id:croccel:20151129211649j:plain

老若男女が登っていく。

f:id:croccel:20151129211706j:plain

老若男女の後に続いて登ると少しひらけた場所に出た。

素晴らしい景色にテンションが上がる。

この場所から後ろを見ると・・・

f:id:croccel:20151129211720j:plain

てっぺんが見えてきた。

f:id:croccel:20151129211743j:plain

両サイドは崖だというのにスイスイ歩いていった友人。とても肝が座っている。

これは「地蔵岩」

f:id:croccel:20151129211820j:plain

別角度からの地蔵岩。

どうやってこの状態になったか気になる。

f:id:croccel:20151129211854j:plain

さらに良い景色になるが、この辺りから霜がおりていたり、足場に氷がはるようになってきた。

足場も悪く、備え付けの鎖を持って登らないと困難な箇所も多くなっていた。

崖のような足場に氷がはっており鎖を使って下る箇所では渋滞もしていた。

f:id:croccel:20151129211921j:plain

氷柱もできる標高。

氷のはった道をヨイショヨイショと登っていくと、アスファルトで舗装された道にでた。

こんなところに舗装路?と思ったが、何の事はないロープウェイの駅があるため観光ように舗装されているのだ。

f:id:croccel:20151129211938j:plain

頂上までもう少し。このスキー場を歩いていく。

f:id:croccel:20151129212009j:plain

そして遂に御在所岳頂上に着いた!

登山開始から約150分ほどで登れた。

f:id:croccel:20151129212025j:plainどうやら御在所岳滋賀県三重県の境にあるようだ。

頂上に着いたのでお昼ごはんをとることにした。

f:id:croccel:20151129220651j:plain

頂上で食べるラーメンとおにぎりは格別。

最強の組み合わせである。

ラーメンを食べて暖まりはしたものの、風が強く、そそくさとその場を後にした。

その後リフトに乗りロープウェイに乗り継いで下山した。

f:id:croccel:20151129212049j:plain

登山後のお楽しみである温泉へ。

今回は菰野にあるアクア・イグニスというオシャレなところでひとっ風呂。

 

夏に愛宕山へ行ったが、そことは違いとても冒険心をくすぐられる登山となった。

見たかったキレットも見れ、充実した一日となった。

次は富士山かな?